ドッグランを住宅に設けるメリットの大きさ

仕事が忙しくない時期は毎日のように、犬を散歩に連れて行く事ができたのですけれど、最近ではペットと散歩を楽しむ余裕がまったく無くなっていました。
足腰が悪い母親に家庭内での犬の世話は任せられますが、さすがに外に出て散歩に連れて行ってほしいとは言えません。
このままでは犬が運動不足になってしまったり、ストレスが溜まって病気を患う可能性があると考えて、運動不足解消を目指すようになりました。

そのためなら少しばかりお金をかけても良いと考えて、住宅の敷地内にドッグランスペースを作る計画を立てたんです。
ただ犬が走り回れるだけでなく、色んな運動もできた方がペットのためになると考えて、ちょっとした上り下りができる台も設置する事にしました。

自作をしようかと最初は考えましたが、ドッグランの完成が遅れてしまうので、ペット用の運動器具を販売しているウェブサイトを活用させてもらいました。
ジャンプ台などペットの身体中の筋肉を使いやすい運動器具を、いくつも購入してドッグランに設置できて、運動器具の使い心地の良さに犬も満足しています。

このドッグランを作る際に私がこだわったのは、雨の日でもペットが運動できるように、雨除けを設置しておいたという点です。

私が飼っている犬は雨を嫌うために、雨除けが無ければドッグランを利用してくれない日が増えると考えての事でした。
雨除けを設置しておいたおかげで、雨の日でもドッグランに行きたいとペットの方からお願いするようになったところを見ると、私の考えは合っていたようです。

町中に散歩を出かけるだけでも運動にはなりますが、ドッグランで集中的に運動をさせてあげると、短時間で筋肉を鍛えやすくなります。
運動効果を短時間で得られるところが、仕事が忙しくて悩んでいた私にはありがたくて、以前よりもペットも元気になっているように感じられました。

ストレスが無くなったおかげか毛並みも良くなっており、元気良く鳴いてくれるようになった点を、私の母親と一緒に喜んでいます。
犬が運動不足になると足だけでなく背骨なども弱ってきて、背骨が湾曲してくる可能性もあると聞いて怖くなっていました。

しかしドッグランを完成させてからは、毎日のように犬が元気に走り回るようになってくれて、背骨が弱ってしまう可能性も減らせて安心できています。
ペットも元気にドッグフードを食べるようになってくれて、食欲旺盛になったところを見ていると、こちらまで嬉しくなってきます。

Comments are closed.

Post Navigation